なにママ?

2018/07/03

知らない間にイギリス英語の単語を使っていた。

luggage,film,sweets,mobile,shopping centerなどで、

これらはロンドンのパルが使った単語をそのまま使っているから。

ものは借りパクしませんが、言語の借りパクはすぐします。

知らない単語を覚えるには使うのが一番!

そして、言われた、

「そんなところだけ、アメリカ英語は変!」と。

・・・私自身はアメリカ英語を使っているつもりなんですけれど。

環境、国籍、価値観の違う日本人、イギリス人、アメリカ人で

話をしていると、同じ英語でもあちこちで混乱が起きた。

私がこの地域はものすごーくスポーツに熱心で、

”soccer mom"だらけです、と紹介した。

soccer mom,元アラスカ州知事のサラ・ペイリンが自身のことを

hockey mom (ホッケーママ)と称し、知った単語です。

”スポーツに熱心なママ”という意味もあったけれど、

私の中では”スポーツに熱心すぎるママ”という意味も含まれていた。

しかし、後で気づく。

soccer mom(サッカーママ)っていうのは、中流階級の上位で

子どものスポーツ送迎ができるくらいに余裕があるママらしいぞ!と。

その話をアメリカのママにすると、

「スポーツに熱心=学校の成績にも熱心」、それでもってPTA活動などにも

熱心なママ、ということが多い、と言われる。

えっ?そうなの?サッカーママって、教育ママだったの?と混乱し、

ロンドンのパルに私の使ったサッカーママ、意味が真逆だったかも~と

話したところ、

「私はあなたが暗に意味した”勉強よりスポーツ優先のママ”っていう

意味で受け取ったわよ。イギリスでは、否定的な意味で言われるし。」と。

…そうなの?イギリスではそうなの?とますます混乱。

いまは東北在住のアメリカ人にも聞いてみた。

かくかくしかじかなんですけれど、

「勉強よりスポーツ優先のママって、なんて呼ぶ?」と。

彼女が言うには、サッカーママは子ども3人で富裕層、

ママは働いていないというイメージらしい。

教育ママは本の流行りもあって、Tiger mom.

(『Tiger Mother』という本があった)

そして、私が言うようなスポーツのみ優先のママは

Sports crazy mom(スポーツ狂ママ)ね!と。

あっははは、そんな言葉作っちゃって~!!

やだわ~、近頃の若い子はすぐに新しい言葉を作るんだから、と爆笑したら、

本当にあった!!

まさか本当にあったとは…と絶句。

ネットで書かれていたbaseball mom(野球ママ)、

いろんなタイプがいて、審判のようにバックフェンスで監視して

審判にケチつけるママ、自分の子どもだけ応援するママ、

コーチにうまく取り入るママ等々…

そうやってママたちを分類したブログがあった。

それに対するコメントで、「あら、私のこと?」だとか、

「やっと高校生になったから、そういう世界から卒業よ!」

といった具合のコメントもあり、

世界は広いようで狭い…と感じる瞬間。

「っで、あなたはどのママなの?」とロンドンのパルの

アメリカ人婚約者に聞かれた。

子どもたちにサッカーも野球も水泳もさせてないし、

させる気もないので、どのスポーツママでもない。

勉強をそれほどさせているとも思わないので、

タイガーマザー(教育ママ)でもない。

そもそも、運転が好きじゃないから、

タクシーママ(Taxi mama:習い事等、子どもの送迎ばかりするママ)にも

私はなれないのよ~と話したら、爆笑された。

どれにも属さないママがやっぱり一番多いと思うのだけれど。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村